“言文一致”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げんぶんいつち66.7%
はなし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“言文一致”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ2.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
表題ひやうだい山田やまだ隷書れいしよで書きました、これせた山田やまだの小説が言文一致げんぶんいつち
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
紅葉先生こうえふせんせいも、はじめは「豆府とうふ言文一致げんぶんいつち大嫌だいきらひだ。」と揚言やうげんなすつたものである。
湯どうふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「そりゃ私の手紙は言文一致はなしで、其儘そのまま誰が聞いても分る様に……」と皆まで言わぬ中に、
恭三の父 (新字新仮名) / 加能作次郎(著)