“裏田圃”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うらたんぼ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“裏田圃”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あの瓢箪池ひょうたんいけから裏田圃うらたんぼまで軒をならべている安芝居や見世物などは、今のお蝶には
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
観音堂から田町の裏田圃うらたんぼ——向うを見ると吉原の一廓が宵の空に薄黒く浮いていた。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)