“袖手傍観”の読み方と例文
読み方割合
しゅうしゅぼうかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さわったが最後体が破壊れる。『さわるなの病気』と云うのだからな。どうにもこれじゃあ手が付けられない。薬師如来でもを投げよう。ましていわんや我輩においては、袖手傍観するばかりだ。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)