“苦汁”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くじゅう62.5%
あく12.5%
にがり12.5%
ニガリ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“苦汁”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして、そうした虚偽がさらに新たな苦汁くじゅうとなってかれの胸の中を流れ、つぎからつぎに不快な気持ちをますばかりだったのである。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
道三は、苦汁くじゅうをなめたように、黙ってしまった。堀田道空も、春日丹後も、肌着に汗をにじませていた。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「やたらに、仕事がしよい晩だと思って、気がげてきて仕方がない。——どうも馬春堂、おめえは少し、悪党にしちゃ半端でいけねえ。もう少し苦汁あくが抜けて来そうなもんだ」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もちろん主成分は塩化ナトリウムであるが、俗にいう苦汁にがりすなわち塩化マグネシウムが、粗製塩には、かなりの量はいっている。
塩の風趣 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
しかし苦汁にがり分の多い日本の粗塩あらじおも、またそうすてたものではない。
塩の風趣 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
△一杯の酒は甘露だつた、百杯の酒は苦汁ニガリとなつた。
其中日記:02 (二) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)