苦汁にがり)” の例文
もちろん主成分は塩化ナトリウムであるが、俗にいう苦汁すなわち塩化マグネシウムが、粗製塩には、かなりの量はいっている。
塩の風趣 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
しかし苦汁分の多い日本の粗塩も、またそうすてたものではない。たとえば鯛のうしおなどは、私は粗塩のほうが好きである。
塩の風趣 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)