“苗:びょう” の例文
“苗:びょう”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本綺堂1
牧逸馬1
“苗:びょう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
カバラ学者すなわちカバリストの接神論セオソフィは、えすらあるのびょうである、ヤコブ家長の十二人の子から流れ出ている創世説コスモゴニイに、その根拠をおく。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
雲南地方の山地にはびょうまたはようという一種の蛮族が棲んでいるが、老女もその一人で、老年でありながら能く働き、かつは正直律義りちぎの人間であるので、李公が都へ帰るときに家族と共に伴い来たったものである。