“職人体”のいろいろな読み方と例文
旧字:職人體
読み方割合
しょくにんてい66.7%
しよくにんてい33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
数日後のこと、若者は、われしながらいていますと、先日らしいふうをした子供が、職人体にいじめられているのをました。
あほう鳥の鳴く日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
高い土手の上に子守の小娘が二人と職人体の男が一人、無言で見物しているばかり、あたりには人影がない。前夜の雨がカラリとあがって、若草若葉の野は光り輝いている。
窮死 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)