“置當”の読み方と例文
読み方割合
おきあて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
置當しとて終に番頭となし見世の事は久兵衞一人にせしなり尤も五兵衞のに五郎藏と云ふ者有けれ共是は人並れし愚鈍にして見世の事等一向にざれば此番頭久兵衞などには宜樣に扱はれ主人か奉公人かの差別もなき位の事なり親父の五兵衞と云者は是迄商賣向には勿々如才なけれ共女も好にていゝ年を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)