“總祿所”の読み方と例文
読み方割合
そうろくしよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何と心得居る駿三ヶ國の總祿所八百ヶ寺の觸頭寺社奉行直支配の寺なるぞ其住職大和尚直談致などとは不屆至極なりと云に三五郎は夫は御前樣の仰なくとも承知で御座る寺社奉行樣の御直支配は扨置假令宮樣御門跡樣でも御願申上からは御下されぬと云儀はりながら御座るまじ御釋迦樣
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)