“縞毛布”の読み方と例文
読み方割合
しまケット100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は悄々停車場前の休憇処にりて奥の一間なる縞毛布の上に温茶りたりしが、を出づる折受取りし三通の郵書のに打込みしままなるを、この時取出せば
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)