“練貫”の読み方と例文
読み方割合
ねりぬき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きを誇りし圓打野太刀も、何時しか銀造の細鞘にを打たせ、清らなる布衣の下に練貫の袖さへ見ゆるに、弓矢持つべき手に管絃の調とは、言ふもうたてき事なりけり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
練貫を高くとった美貌な女役者が、半開きの扇を眉にかざしてにかかったとたんに、どうしたのか、上下、二百四十九(組)の桟敷が、ごうぜんと凄い物音をたてて、諸仆れに
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)