“絹行灯”の読み方と例文
旧字:絹行燈
読み方割合
きぬあんどん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
有明の絹行灯は、少しかしく枕屏風の影を青畳に落して、馴れない平次には結構過ぎて寝心地が悪いくらい。
善美を尽くしたお寝間には、かに絹行灯っていた。その光に照らされて、美々しい夜具が見えていたが、その夜具のを洩れて、上品な寝顔の見えるのは金一郎様が睡っておられるのであった。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
其処には、ざっと酒肴を用意して、殿——大膳正を待っている様子。隣の部屋を覗くと、恐ろしく贅沢な夜の物に、金環蚊帳んで、絹行灯の灯がほのぼのと照らして居ります。