“軒行灯”のいろいろな読み方と例文
旧字:軒行燈
読み方(ふりがな)割合
のきあんどう50.0%
のきあんどん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“軒行灯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこで駈けだすようにして、車夫に教わったその横町へ入ると、なるほど山本屋という軒行灯のきあんどうが目に入った。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
もう、このあたりまでくると、町家の大戸という大戸は、ぴったりと閉されていて、軒下に、小僧や手代が、軒行灯のきあんどんのおぼろな光の下に三人、五人たたずんで、近所の人達と、妙にひそめたような声で、話し合っている。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)