“紺泥”の読み方と例文
読み方割合
こんでい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
光起の屋島合戦屏風も、切箔のくすんだ光と、紺泥の海と、那須余一の顔の胡粉などが、ほのかに見えるだけである。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
皓歯でその、足袋の紐に口紅の附いたのを見て、晩方の土の紺泥に、真紅の蓮花が咲いたように迷出して、大堕落をしたと言う、いずれ堕落して還俗だろうさ。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なおかつ覚えただけの経文を、金字紺泥に瞳に描いて試みたが、それかと思うのは更に分らぬ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)