“紺紙金泥”の読み方と例文
読み方割合
こんしきんでい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その経典は紺紙金泥及び梵語で記された多羅葉の類で、古代この寺を開いたサッキャア・パンジットという方がインドからして沢山経典を取り寄せられ
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
一緒に出てきた紅錦札袋——それには、紺紙金泥の観音のに添えて、世阿弥とお才とが仲の一女、お綱の干支生れ月までが、明らかにしてあった。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この須弥壇を左に、一架を高く設けて、ここに、紺紙金泥の一巻を半ば開いて捧げてある。見返しは金泥銀泥で、本経の図解を描く。……清麗巧緻にしてかつ神秘である。
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)