“素跣”の読み方と例文
読み方割合
すはだし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
両褄取って、小風呂敷に萠黄金襴の金入を包み、帯の間へんで戸を開けて出ようとすると、軒下に立って居る武士、雨具が無いから素跣で其の頃は雪駄でありますから
そして仲裁者が一杯飲もうと勧めるのも聴かずに妻を促して自分の小屋に帰って行った。佐藤の妻は素跣のまま仁右衛門の背に罵詈を浴せながら怒精のようについて来た。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
おじいさんは、仕事をして、おそくってきますと、いつかの天使が、大工に、しょんぼりとっていました。いつかのように素跣で、がありました。
いいおじいさんの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)