“素水”の読み方と例文
読み方割合
さみづ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太竹の青き筒、つやつやし筒に、たぷたぷと素水入れ、硯の水けし、墨磨れと、ぎ、注ぎてまはりぬ。ひける何なるならし。幼などちそのかの子らの、筒袖の、その中にしも級長われは。
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
えちぎり洗ふ大根をその葉さへ素水にわれは見つくす
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
えちぎり洗ふ大根をその葉さへ素水にわれは見つくす
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)