“紙火屋”の読み方と例文
読み方割合
かみぼや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
悪く抜衣紋で、胸を折って、横坐りに、蝋燭火紙火屋のかかったの向うへ、ぬいと半身で出た工合が、見越入道御館へ、目見得の雪女郎を連れて出た、の慶庵と言うだ。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)