“紅紗”の読み方と例文
読み方割合
こうさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うねうね登って行くほどに、紅紗燈籠二、三十基がに彼方へ見え出してくる。おそらくは宛子城の大手か。外門を入ると、音楽がきこえ、一群の騎馬列が照らし出されている。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
踏まえた宝鐙には、珠をちらし、着たるは紅紗で、下に銀のかたびらを重ね、の帯、そしてその繊手は、馬上、右と左とに、抜き払った日月の双刀を持っているのであった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)