“紅更紗”の読み方と例文
読み方割合
べにさらさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
間違いの出来ます時にはいけないもので、幇間の正孝が若草の処へ見舞にこうと云うので、ちょっと紅更紗の風呂敷に二葉屋の菓子折を包んだのを提げて山谷橋へかゝりました。