“節孔”の読み方と例文
読み方割合
ふしあな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お前は目があっても節孔同然だよ。半平の奴、ふてえ野郎じゃないか。明日東京へ戻って指令を待て、なんて、尤もらしいことオレに言ってやがるよ。
現代忍術伝 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
粗朶がぶしぶしとぶるその向座には、妻が襤褸につつまれて、髪をぼうぼうと乱したまま、愚かな眼と口とを節孔のように開け放してぼんやり坐っていた。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
しをはりて七兵衛に物などくはせ、さて日もくれければ仏壇の下の戸棚にかくれをらせ、くべき節孔もあり、さてのともし火も家のもわざとになし