“竜頭鷁首”の読み方と例文
旧字:龍頭鷁首
読み方割合
りゅうとうげきしゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東の釣殿へはこちらの若い女房が集められてあった。竜頭鷁首の船はすっかり唐風に装われてあって、梶取り、棹取りの童侍は髪を耳の上でみずらに結わせて、これも支那風の小童に仕立ててあった。
源氏物語:24 胡蝶 (新字新仮名) / 紫式部(著)