“白飯”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こわかれい50.0%
しらいひ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白飯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
白飯こわかれいを、こんなにもたくさんいただけるのでしょうか」と顔をうつむけて涙ぐみ、食うわ、食うわ、見ていても気持のいいほど、あざやかに食いぬけ、箸をおくと畳に手をついて、
奥の海 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
脊戸川に飯櫃ひたし春浅し白飯しらいひのつぶのしろく透く見ゆ
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)