“白飯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しろめし50.0%
こわかれい25.0%
しらいひ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「やれやれ、それじゃあ、いよいよ晩にゃ、白飯しろめしのご馳走に決まったね」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黙れ、それはな、上のお慈悲を以て下さる事ではあるが、本年は囚人どもが平生へいぜいの不届少からぬに依って、白飯しろめしのお手当がないのじゃ、虫けら同然の其の方どもとは云いながら、人間の皮をかぶってるからにゃア少しは考えて見るが
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
白飯こわかれいを、こんなにもたくさんいただけるのでしょうか」と顔をうつむけて涙ぐみ、食うわ、食うわ、見ていても気持のいいほど、あざやかに食いぬけ、箸をおくと畳に手をついて、
奥の海 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
脊戸川に飯櫃ひたし春浅し白飯しらいひのつぶのしろく透く見ゆ
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)