甲必丹カピタン)” の例文
甲必丹オルフェルト・エリアスと館員一同、与力と同心が五人ずつ、吉雄幸左衛門、西善三郎、案内を出した人は一人も洩れなく先着していて
暦数千八百四十二年(天保十三年壬寅に当る)貴国の八月十三日、長崎奉行の前にて甲必丹に読聞せし令書にってなり
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
甲必丹蘭人カランスなどから、舶来の珍器を献上させたというが、その中には兵器や戎器……鉄砲や大砲や洋刀もあろう、毒薬もあろう媚薬もあろう、拷問機械、貞操帯
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
通訳として和蘭甲必丹マンスダール、商人シクス、手代ヰッセールそれに羅甸語のやゝ解るドューウといふ者が立合ひ、彼等はこの日取調べる二十五箇条を箇条書にしたものを持ち
十五日は阿蘭陀八朔の日で、甲必丹は奉行所を訪問して賀詞を述べ、それから代官、町年寄などの家を廻って歩く。
甲必丹年を期して殿下に謁見するを許さる(右は甲必丹江府の拝礼毎年なりしに寛政二年庚戌より五年目に定り、ここに年を期してというはし延年を指していえるなり)
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
甲必丹もヘトル役も外科医も、皆、江戸で懇意にしておったので源内先生も招かれてその祝宴に連ることになった。