“烏川”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
からすがわ66.7%
からすがは33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“烏川”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
どっちが強いかという評判が高くなって、ついに藩の監視のもとに烏川からすがわの河原で試合することとなった。
上州じょうしゅうを過ぎ、烏川からすがわをも渡った。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
とうさんは馬丁べつたう背中せなかおぶさつて、かはしました。そのかは烏川からすがはといふかはだときました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)