“正師”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まさもろ66.7%
しょうし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“正師”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その正師まさもろとおなじように、彼の宮中における首尾を如何にと案じていたここの者は、すべての目で、正成のくちもとを見まもりあった。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
隅屋すや新左衛門など、いちいちは、あげきれない。なかでも、神宮寺太郎正師まさもろは、
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼はいう、「悲しむべし辺鄙へんぴの小邦、仏法未だ弘通ぐずうせず、正師しょうし未だ出世せず、たゞ文言もんごんを伝へ名字みょうじじゅせしむ。もし無上の仏道を学ばんと欲せば遥かに宋土の知識を訪ふべし。正師を得ざれば学ばざるにかず」(学道用心集五)。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)