“桐箪笥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きりだんす100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“桐箪笥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
道頓堀川どうとんぼりがわを隔てて、芝居茶屋のお内緒の桐箪笥きりだんすや、赤い座ぶとんや、長火鉢がのぞかれる。
治郎吉格子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いや無邪気といえば、子供ばかりではなく、露八自身もよだれらして、時々桐箪笥きりだんすに背中をすべらせては、吃驚びっくりしたように、渋い眼をしばだたく。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)