“暖衣飽食”の読み方と例文
読み方割合
だんいほうしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国を憂いて痩躯を削り、その赤心も病みうばかり日々夜々の戦いに苦闘しつつあった古人を、後世のご苦労なしの文人や理論家が、暖衣飽食しながら是々非々論じたところで
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一命をたすけられたうえ、何もせず、暖衣飽食にあまえているのは心苦しい。宣賛郝思文と共に、先鋒をうけたまわって、再度の北京攻めには、ぜひ一ト働きいたしたい、と。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)