“日色”の読み方と例文
読み方割合
につしよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
外には烈風びて、樹を鳴し、し、砂をき、を飛して、曇れる空ならねど吹揚げらるるれて、一天く乱れ、日色に濁りて、物可恐き夕暮の気勢なり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)