“散滅”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さんめつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“散滅”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
新手あらても新手も、猛猪もうちょちらされるのように四し、散滅さんめつして
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
きのう一日で、明智の存在が泡沫ほうまつのごとく、地上から抹殺まっさつされてしまった今朝、その起るときの急なるにおどろいた世人は、ふたたび、その散滅さんめつ呆気あっけなさに、茫然としているふうに見える。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)