“摸樣”の読み方と例文
新字:摸様
読み方割合
もやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
摸樣は種類甚多しと雖も大別して沈紋浮紋の二とするを得、沈紋とは土器の面よりみてきたる摸樣にして、浮紋とは土器の面上に他の土塊を添へて作りたるものの謂なり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
是製造の始として用ゐたる編み物或は木の葉が偶然此所に印せられしに他ならず。裝飾には摸樣彩色との二種有り。摸樣は燒く前に施し、彩色は燒きたるせしなり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)