“搖返”の読み方と例文
新字:揺返
読み方割合
ゆりかへ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ど、五分六分きに搖返地震れ、またけ、はかなく燒出された人々などが、おもひおもひに、急難危厄げのびた、四谷見附そと、新公園内外幾千萬群集
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)