“揚応能”の読み方と例文
読み方割合
ようおうのう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
万乗の君主金冠をし、剃刀の冷光翠髪ぐ。悲痛何ぞえんや。呉王の教授揚応能は、臣が名度牒に応ず、願わくは祝髪していまつらんとす。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)