“提香爐”の読み方と例文
読み方割合
ひさげかうろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
贄櫃の前には、あまた提香爐を振り動かして歩めり。これに續きたるは、こゝらあたりの美しき少女をり出でて、花の環を取らせたるなり。
僧どもは皆經をするに、我は火伴の童二人と共に、髑髏の贄卓の前に立ちて、提香爐を振り動したり。骨もて作りたる燭臺に、けふは火を點したり。
提香爐を打ち振りても、街にありて、叫ぶ賈人く車の間に立ちても、聖母の像と靈水盛りたる瓶の下なる、臥床の中にありても、たゞ詩をおもふより外あらざりき。