“推斥”の読み方と例文
読み方割合
おしの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貫一は唯不思議の為体れ惑ひてでず、く泣ゐる彼を推斥けんと為たれど、の附きたるやうに取縋りつつ、益す泣いて泣いて止まず。涙の湿単衣して、この難面き人のみぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)