“掛言葉”の読み方と例文
読み方割合
かけことば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今や文壇の趨勢既に『万葉』『古今集』以来古歌固有の音律を喜ばずまた枕詞掛言葉等邦語固有の妙所をけこれに代ふるに各自辺土の方言と英語翻訳の口調を以てせんとす。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)