“据風呂桶”の読み方と例文
読み方割合
すゑふろをけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
謝斷しが煩惱の犬にずまに忍び通ひける或夜い者共の目に引捕へられ桶伏にぞせられける是は据風呂桶其上へ大いなる石を鐵砲を引拔其穴よりに食物を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)