“捕盗船”の読み方と例文
読み方割合
ほとうせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
進めば進むほど水路はまり、そこへ沢山な捕盗船が無二無三につづいて来たため、などがみあって、果ては味方同士、にッちもさッちも動けなくなってしまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
真ッ先をゆく一艘のに立って、刑事何濤は小手をかざしている。そのあとからは大小数十隻の捕盗船が、舳に官旗をひるがえし、捕兵の弓や刺叉を満載して、白波を揚げながら迫ッて行く。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)