“指折算”の読み方と例文
読み方割合
ゆびをりかぞ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
話けるに吉兵衞心にき夫は何時頃の事なるやと尋問ければ和尚は指折算へ元祿二年九月の事なりと聞より吉兵衞は涙をべ其子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見るに寶永二年三月十五日の夜出生ければ指折算へ見るに當年十一歳なりれもせぬ三月十五日の夜なるがお三婆は落涙しテモ御身は仕合物なりとて寶澤が
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
流し私儀十歳の時父彦兵衞儀江戸へ下りしゆゑ指折算へて歸るを待居りし中に御所刑となりしかば母は明暮き悲み病氣も出べきやに存じ候まゝ私し儀江戸へ下り持歸らんと母を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)