“指屈算”の読み方と例文
読み方割合
ゆびをりかぞ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りしと云ふ一札迄き其儘別れて歸りける心の内に長庵は仕濟したりと大いに悦び彼五十兩の其金はれが榮耀酒肴遊女狂ひにひける然るに伊勢屋千太郎はる事とは夢にも知らず心の中に今日は小夜衣が麹町へ來たかは來るかと指屈算へ日のるのを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)