“拾号”の読み方と例文
読み方割合
じふがう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
拾号からは大いに躰裁めて(十月廿五日出版頁数にして、別表紙けて、別摺挿画を二入れて、定価を十に上げました、表紙は朱摺古作者印譜模様で、は四六
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)