“手写”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅしゃ66.7%
しゆしや33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手写”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
手写しゅしゃの法華経一巻を、都の妻へとどけてくれとの頼みには、いつか果たしてやれる自信もあった。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
――高氏はかねて亡き俊基から死の前夜に「……いつの日か妻に手渡して給われ」と頼まれていた彼が幽居で手写しゅしゃした法華経一部と、和歌の詠草えいそう一帖とを、忘れずに持って西上したのであった。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
唯懐ただおもひき人に寄せて、形見こそあだならず書斎の壁に掛けたる半身像は、彼女かのをんなが十九の春の色をねんごろ手写しゆしやして
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
PR