“微藍:うすあい” の例文
“微藍:うすあい”を含む作品の著者(上位)作品数
田中貢太郎2
“微藍:うすあい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
四条派の絵画をそのままに青々とした岸の柳に対して、微藍うすあいの色を絡めて流れていた鴨河かもがわの水も、その日は毒々しく黒ずんで見えた。
切支丹転び (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そして、二階をあがりつめて廊下に出ると、神田川のすそになった川面かわづら微藍うすあいの色をしたうしお中高なかだかにとろりとたたえて、客を乗せた一そう猪牙船ちょきぶねが大川の方へ出ようとして、あとを泥絵の絵具のように一筋長くいんしているのが見えた。
鼓の音 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)