“御治世”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごじせい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御治世”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 詩(児童)14.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
時は、徳川八代将軍吉宗よしむね公の御治世ごじせい
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
日の光が町全体に明るく踊って、道ゆく人の足もおのずから早く、あわただしい暮れの気分を作ってるなかにも、物売りの声がゆるやかに流れて、徳川八代泰平の御治世ごじせいは、どこかほがらかである。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)