“巌端”の読み方と例文
旧字:巖端
読み方割合
いわばな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長く髪の白きが、草色の針目衣に、朽葉色裁着穿いて、草鞋爪反りや、巌端にちょこなんと平胡坐かいてぞいたりける。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
のう、便船しょう、便船しょう、と船をへ引寄せては、巌端から、松の下から、飜然々々と乗りましたのは、魔がさしたのでござりましたよ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
どうだ伝九、この、お関所あとを見るにつけ、ぼけた金時じゃあるめえし、箱根山を背後背負って、伊豆の海へ巌端から、ひょぐるばかりが能じゃあるめえ。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)