“山家者”の読み方と例文
読み方割合
やまがもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いいや、わしがような山家者、それにこう頭が古くなっては、根っから新しいものを見て楽しもうと思いませぬ」
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
もし……誰方様やら存じませぬが、世間の衆とわりもって、礼儀もわきまえぬわがままな山家者の子でござります。どうぞ、おゆるしくだされませ
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
服織という二、三十山村、みな素朴山家者らしいので、その一伊勢郷士といつわって宿をかりた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)