“小桜縅”の読み方と例文
読み方割合
こざくらおどし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まっ先にきた小桜縅のよろい着て葦毛の馬に乗り、重籐を持ってたかの切斑を負い、くわのかぶとを馬の平首につけたのはあれは楠正行じゃ」
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
武田、田丸、山国、藤田諸将の書いた詩歌の短冊小桜縅甲冑片袖、そのほかに小荷駄掛りの亀山嘉治が特に半蔵のもとに残して置いて行った歌がある。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
つれの家内が持ってろうというのだけれど、二十か、三十そこそこで双方容子いのだと野山の景色にもなろうもの……紫末濃でも小桜縅でも何でもない。
若菜のうち (新字新仮名) / 泉鏡花(著)