“密謀”の読み方と例文
読み方割合
みつぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
是以君をして親王を立、国柄を一人の手にんとの密謀あり 法皇も是にじ玉ふの風説ありとしけり。時に 延喜帝御年十七なり。
と、勝家はことごとくきげんをなおして、徳山則秀の取りだした書類や図面に目をとおし、また時折にはなにか小声でヒソヒソと密謀をささやいていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
是以君をして親王を立、国柄を一人の手にんとの密謀あり 法皇も是にじ玉ふの風説ありとしけり。時に 延喜帝御年十七なり。