“室町”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むろまち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“室町”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 系譜・家史・皇室20.0%
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
足利方で立てた光明院の朝廷は、さきごろ、おし小路こうじ室町むろまちの一劃を、里内裏さとだいりとさだめられた。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
六条室町むろまちの町中とは思えぬほど、やかたは木々に囲まれている。照り映える青葉の色と匂いに室内も染りそうだった。
日本名婦伝:静御前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)