“太刀帯”のいろいろな読み方と例文
旧字:太刀帶
読み方(ふりがな)割合
たちおび50.0%
たてわき50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“太刀帯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、かんばかり叱咤して、彼の太刀帯たちおびをつかんで引き戻し、無理に馬へせて、越前の方へ落した。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
成程な、死人しびとの髪の毛を抜くと云う事は、何ぼう悪い事かも知れぬ。じゃが、ここにいる死人どもは、皆、そのくらいな事を、されてもいい人間ばかりだぞよ。現在、わしが今、髪を抜いた女などはな、蛇を四寸しすんばかりずつに切って干したのを、干魚ほしうおだと云うて、太刀帯たてわきの陣へ売りにんだわ。
羅生門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)